ROKU Naruto

  • 徳島県鳴門市
  • 2015年

ROKU鳴門は、新築棟3階に位置し、大きなガラス面によって北側の競走面に向って開いています。建物3階レベルのすぐ東側には小鳴門橋が掛っていて、吊橋の優雅な姿も室内から眺めることができます。平面計画では、南側に投票所バックヤードや倉庫を細長く線状にまとめ、部屋ほぼ中央にカフェカウンターを設けています。南側の壁の仕上には地元徳島県産のヒノキ材を使用し、リブをランダムに取付けた羽目板を張り、ドアも同材として一体的に見えるようにしています。天井はアルミルーバーを曲げ加工することで鳴門市の有名な「渦潮」のパターンをつくり出しています。渦の部分にはLED照明を仕込み、間接照明としています。