Lightwell House

  • 長野県長野市
  • 2006年

外観

入口階段室

リビング

リビング

リビングから玄関を見る

玄関からリビングを見る

リビング収納

和室

子供室

子供室から廊下を見る

洗面室

中庭

この住宅の敷地は、地方都市の古い街道に北西側で接した南東向きのものですが、西側には3階建てのマンションが壁のように建っています。クライアントは日当りの悪さを気にしていて、限られた条件の中でなるべく明るく暖かい住まいを望んでいました。そこで建物全体を敷地の南に寄せて配置し、比較的採光条件の良い南側にリビング(2階)と子供室(1階)を置き、南からの光を採り入れるようにしました。また、光庭と水廻り諸室をはさんで北側に設けたダイニング(2階)と主寝室(1階)は光庭に向かって開くようにしました。結果として採用されたコートハウスの形式は、パブリックな性格の部屋とプライベートな性格の部屋を分離したいというクライアントの要望とうまく一致することになりました。各室に穿たれた開口部は、部屋の用途、性格、使用時間帯、方位等を考慮し、それぞれにおいて望ましい空間の在り方をつくり出すために、様々な形式と形状のものが使用されています。天井高さの低いトンネルのようなアプローチを抜け、入口のドアを開けると2層吹抜けの階段が目の前に現れるようになっていますが、ここでは上部へと目線を引き付け、入口ドアの前後で明と暗を対比させるためにトップライトが設けられています。2階のリビングは、敷地周辺に向かって開くことができる位置にあるので、それを最大限享受すべく全開口可能な建具としました。また、隣家を目にすることなく朝日を採り入れ、空を見上げることができるように東側壁面にハイサイドライトを設けています。ダイニングでは、東および南東の方向からの光が部屋の奥まで届くように縦長の開口部を設けました。光庭上部には、隣のマンションからの視線をさえぎるためのFRPグレーチングを設置し、光庭の壁や床だけでなくダイニング内にも光と影の斑点をつくりだすようにしています。